漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

火の鳥(1-13巻 全巻完結)

火の鳥(1-13巻 全巻完結)の画像
作者 手塚 治虫
出版社 角川書店
掲載雑誌 漫画少年,少女クラブ,COM,マンガ少年,野性時代
概要・あらすじ・管理人感想
概要手塚治虫が漫画家として活動を始めた初期の頃から晩年まで手がけられており、手塚治虫のライフワークといわれている。古代から超未来まで、地球(主に日本)や宇宙を舞台に、生命の本質・人間の愚行・愛が、手塚治虫自身の思想を根底に壮大なスケールで描かれる。この作品に多くの漫画家が影響を受けた。
最初に連載されたのは1954年(昭和29年)、学童社の『漫画少年』の「黎明編」(後に『COM』に連載されたものとは異なる)だったが、学童社はその後約1年ほどで倒産、この「黎明編」は未完に終わる。 その後、「エジプト編」・「ギリシャ編」・「ローマ編」が『少女クラブ』に連載され、それ以降の作品は、『COM』、『マンガ少年』、『野性時代』に連載された。掲載誌が次々と廃刊・休刊することから、当時の出版業界では、本作が掲載されると廃刊になるとも言われた[1]。 『COM』以降の作品は、過去と未来が交互に描かれ、だんだん現代に近づいていくという構成になっており、最後は現代を舞台とした物語になるはずだった。ハッピーエンドは少なく、主人公たちは悩み、苦しみ、闘い、運命に翻弄され続ける。
いずれは『鉄腕アトム』等の代表作と繋げていく予定だったらしい。万物は輪廻するという考えが作中に見られるが、後半に進むにつれその表現が減少して行き最終作である「太陽編」でも単行本化の際に輪廻に関する部分がかなり削除された。
(出典:Wikipedia
みんなの評価 平均:(5.0)点 総合点:(5)点 投票人数:(1)人
評価を投票
火の鳥(1-13巻 全巻完結)のレビュー・感想
【 各巻ごとの価格比較 】
火の鳥(1-13巻 全巻完結) 関連ニュース [powerd by Google News]
火の鳥(1-13巻 全巻完結) 関連サイト
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。