漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

フルーツバスケット (1-23巻 全巻完結)

フルーツバスケット (1-23巻 全巻完結)の画像
作者 高屋 奈月
出版社 白泉社
掲載雑誌 花とゆめ
概要・あらすじ・管理人感想
【概要】
草摩家(但し分家)に居候することになった主人公・本田透と、動物憑きの奇妙な体質を持つ草摩家の面々との交流を中心に描く。連載当初は「ホームコメディ」と掲載雑誌で紹介されていたが、作者自身は「コメディ」を意識してはいない、と単行本内で述べていた。確かに部分部分では作者のコメディセンスが発揮されている場面も多いが(特に前半)、根幹の部分では、様々な心の傷を抱えたキャラクターたちがそれにどう向き合っていくか、を真摯に描いている作品である。

十二支
草摩家で物の怪が憑いている者は、異性に抱きつかれたり(また自分が抱きついたり、抱きとめたり)身体が弱ったりすると憑かれた動物に変身する。それは数百年前の「神」と「十二支」との契約の証であり、彼らにとっては「呪い」とも「絆」とも呼べるものである。 十二支同士や神である人間が抱きついたり抱きつかれても変身はしない 因みに変身する動物は「十二支」+「猫」の13種。

草摩家
古くから続く名家。家格は極めて高く、同様に経済力も並大抵ではない。旧来よりのしきたりや派閥争いも多く、それに由来する重圧が、各登場人物達に多くの心の傷を負わせてしまっている。余談だが草摩家には美形の人間が多く、「美形の家系」とよく言われるが、本人たちには自覚がない様子
(出典:Wikipedia)
みんなの評価 平均:(0)点 総合点:(0)点 投票人数:(0)人
評価を投票
フルーツバスケット (1-23巻 全巻完結)のレビュー・感想
【 各巻ごとの価格比較 】
フルーツバスケット (1-23巻 全巻完結) 関連ニュース [powerd by Google News]
フルーツバスケット (1-23巻 全巻完結) 関連サイト
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。