漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

攻殻機動隊 (1-2 全巻 )

攻殻機動隊 (1-2 全巻 )の画像
作者 士郎正宗
出版社 講談社
掲載雑誌 ヤングマガジン海賊版
概要・あらすじ・管理人感想
時代は21世紀、第三次核大戦と第四次非核大戦を経て、世界秩序は大きく変化し、科学技術は飛躍的に高度化した。その中でマイクロマシン技術(作中ではマイクロマシニングと表記されている)を使用して脳の神経ネットに素子(デバイス)を直接接続する電脳化技術や、義手・義足にロボット技術を付加した発展系であるサイボーグ(義体化)技術が発展、普及した。その結果、多くの人間が電脳によってインターネットに直接アクセスできる時代が到来した。人間、電脳化した人間、サイボーグ、アンドロイド、バイオロイドが混在する社会の中で、テロや暗殺、汚職などの犯罪を事前に察知してその被害を最小限に防ぐ内務省直属の攻性の公安警察組織「公安9課」通称「攻殻機動隊」の活躍を描いた物語。
(出典:Wikipedia
みんなの評価 平均:(4.5)点 総合点:(18)点 投票人数:(4)人
評価を投票
攻殻機動隊 (1-2 全巻 )のレビュー・感想

この漫画に関する口コミ(3)

りょうた :

インターネットという言葉がまだない時代にこれを書いたという士郎正宗の天才っぷりに驚きを隠せません。
このマンガに出てくる光学迷彩は東大でも実際に研究が行われているし、攻性防壁と同様の報復形セキュリティシステムも2004年に米国のSymbiotというベンチャーが発表している。
五感がハッキングされるという話も将来フィクションでなくなるかもですね。

ゆう :

間違いなく名作ですが、マンガは絵柄や文字の量がはんぱでないので、人を選ぶ感じがするが、OVAはみやすいのでそちらから入ることをおすすめします。
OVAの巻末にある「タチコマくん」が面白い。
生命体や自我とはいった哲学的なことを考えさせられる作品です。2巻は1巻や1.5巻のようなどんぱちはほとんどなく、精神的な話が主体で理解することも難しいが、好きな人にはにやりとする要素も多いです。

むずかしすぎます(>_<) :

彼氏の家にあったので見ましたが難しすぎます!
パソコンやインターネットに詳しくないと理解できないマンガだと思います。

【 各巻ごとの価格比較 】
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。