漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

賭博破戒録カイジ(1-13 全巻 完結)

賭博破戒録カイジ(1-13 全巻 完結)の画像
作者 福本伸行
出版社 講談社
掲載雑誌 週刊ヤングマガジン
概要・あらすじ・管理人感想

スターサイドホテルの勝負でさらに借金を約1000万円に増やすことになり、逃亡生活を送っていたカイジは遠藤に、またギャンブルを紹介するよう依頼する。しかし規定によりギャンブルは紹介されず、ギャンブルの元締である帝愛グループの地下施設で強制労働をさせられることになった。カイジは一日外出券を得るために金を貯めようとするが、所属するE班の班長・大槻の巧みな篭絡により金を使い果たす。大槻はさらにカイジに給料を前貸しし、自身の主催する「地下チンチロリン」に誘い込む。大槻に大敗を喫してさらなる借金生活に追い込まれたカイジは、自分と同じ境遇にある通称「45組」と団結し、打倒大槻のために決起する。そしてカイジのルールの死角を突いた撃滅作戦によって大槻のほぼ全財産を獲得し大勝利をおさめた。

大槻を倒して外出に必要な資金を得たカイジは、45組の仲間達からカイジ含めて6人全員の借金返済に必要な6000万円を得ることを託され、80万円の現金を持ち単独で地下から20日間の一時外出をする。偶然出会った男・坂崎の紹介を受けて帝愛グループの裏カジノに置かれた1玉4000円のパチンコ「沼」で一攫千金を目指す。坂崎はカイジをサポートに自身の計画と資金によって「沼」に挑むが、裏カジノの店長・一条が仕込んだ妨害により惨敗。八方塞がりの状況になるが、カイジは「沼」の攻略法を閃き計画を練り上げ、負債を抱えて大金が必要になった遠藤をも仲間に引き入れる。カイジ・坂崎・遠藤の3人は協力して再び「沼」に挑む。
数々の妨害工作を覆し、ついに大当たりを出すことに成功する。ところが、最後は遠藤に裏切られ、借金返済を口実に利益の大半を持ち逃げされ、カイジは自分と45組の自由と引き換えに無一文に戻ってしまった。

(出典:Wikipedia
みんなの評価 平均:(0)点 総合点:(0)点 投票人数:(0)人
評価を投票
賭博破戒録カイジ(1-13 全巻 完結)のレビュー・感想
【 各巻ごとの価格比較 】
賭博破戒録カイジ(1-13 全巻 完結) 関連ニュース [powerd by Google News]
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。