漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

ベルセルク (1-34巻 続巻)

ベルセルク (1-34巻 続巻)の画像
作者 三浦 建太郎
出版社 白泉社
掲載雑誌 ヤングアニマル
概要・あらすじ・管理人感想
中世ヨーロッパを下地にした「剣と魔法の世界」を舞台に、身の丈を超える巨大な剣を携えた剣士ガッツの、仲間達を生け贄にし魔を統べる神にも等しい存在になったかつての親友グリフィスへの復讐と、記憶と言葉を失った恋人キャスカの守護の旅を描いたダーク・ファンタジー。題名の『ベルセルク』は北欧神話の狂戦士伝説に由来している。
ヤングアニマル誌の前身である『月刊アニマルハウス』1989年10月号より連載が始まった。細部に渡って緻密に描き込まれた重厚な画に加え、長大な俯瞰とモブシーンの多用、主要キャラクターの内面と感情的な繋がりを表現するストーリー、回を追う毎に広がる謎と壮大な世界観が特徴。現在は国内のみならず海外でも単行本が出版され、世界中で絶大な支持を集めている。1997年には『剣風伝奇ベルセルク』と題してアニメ化。2002年には第6回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞を受賞し、2009年時点の単行本の発行部数は、国内累計2400万部、海外累計400万部を記録している。コンピューターゲームやトレーディングカードゲームなど、他媒体にも展開を見せている。
20年以上に渡る長期連載作となっているが、世界観は拡大の一途を辿り、さらに休載期間が数ヶ月に渡ることは珍しくなく、一向に終結する気配を見せない。また、作者がヤングアニマル誌の巻末コメントで自身の体調に関する不安や「死ぬまでに頭の中を全て出せるのか」など完結の危惧を述べている。
(出典:Wikipedia
みんなの評価 平均:(4.0)点 総合点:(4)点 投票人数:(1)人
評価を投票
ベルセルク (1-34巻 続巻)のレビュー・感想

この漫画に関する口コミ(1)

ゆう :

3巻くらいしかでていないころから読んでるのでかれこれ12年くらいでしょうか。
話が壮大で面白いのですが、ヤングアニマルも休載しがちであと何年間続くか検討もつきません。
最初のグリフィスと鷹の団で活躍していたあたりは最高に面白いです!ファンタジー好きな人は必読ではないでしょうか。

【 各巻ごとの価格比較 】
ベルセルク (1-34巻 続巻) 関連サイト
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。