漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

レベルE(1-3 全巻完結)

レベルE(1-3 全巻完結)の画像
作者 冨樫義博
出版社 集英社
掲載雑誌 週刊少年ジャンプ
概要・あらすじ・管理人感想
バカ王子襲来編
高校進学に伴って山形で一人暮らしを始めることになった筒井雪隆は、引っ越したその日に自分より先に自分の部屋で勝手に生活している記憶喪失の宇宙人を自称する男に出会う。追い出そうとする雪隆だが、男に言いくるめられ、結局男を同居させた上、宇宙人である事も認めざるを得なくなってしまう。落ち着く間もなく雪隆の周りに男をめぐって、人間の宇宙人研究機関員、宇宙からやって来た男を王子と呼ぶ護衛達、更には山形周辺を縄張りとする好戦的なディスクン星人まで動き出し、風雲急を告げ始める。しかし雪隆達の不安をよそに、当の本人は全く緊迫感無く悠々とショッピングを楽しんでいた。

食人鬼編
林間学校の途中、同級生が同じ学校の何者かに喰われるところを偶然目撃してしまった悪ガキ4人組は、次は自分達の番ではないかと怯え、自己防衛のために犯人探しを始めた。しかしその矢先、4人の内の一人が姿を消す。いよいよ切羽詰った彼らは、知り合いの怪しい人物に助けを求め、とあるつぶれかけの精神クリニックを紹介される。この編のみ王子が作中で描いた漫画(劇中劇)となっている。

原色戦隊カラーレンジャー編
バカ王子が次の退屈しのぎに選んだのは、東京に住む5人の小学生。学校帰りの5人を自身の宇宙船へさらって来た王子は、半ば無理やり、変身ヒーロー原色戦隊カラーレンジャーへと改造してしまう。そんな王子の思惑に抵抗を続ける5人だったが、王子の悪巧みは着々と進んでいた。

サキとミキヒサ編
常に宇宙を放浪しているマクバク族は、雌のみで構成され、繁殖期になると、女王が種族を代表して異種族の雄性体の一人と交配し何万という子孫を残す。しかし交配された種は数世代以内に必ず絶滅する。そんなやっかいな種族が地球に目を付けやって来ることを知ったクラフトたち三人は、マクバク族王女のムコ探しを阻止するためにボディーガードとして同行、あれやこれやと邪魔する。そんなクラフトたちの妨害工作も空しく、王女は目当ての相手を見つけ、さらに相手も王女に一目惚れの相思相愛になってしまう。

高校野球地区予選編
夏の高校野球の山形県予選。あと一勝で甲子園という所まで進んだ雪隆たち如月高校野球部だったが、勝ち進むに従って突然部室の窓ガラスが割れる等のポルターガイスト現象が頻繁に起こるという問題も抱えていた。それについて様々な推測をしながらも、目の前に迫った甲子園への興奮もあり、それ程問題にもしなかった雪隆たちだが、県予選決勝の日、突然今までで最大の怪奇現象に見舞われる。雪隆達の応援に行く途中、偶然その怪異を目撃したディスクン星人のラファティの知らせで事件を知ったクラフト達は、救出方法を模索する。

人魚姫編
ある企業の重役が尾の先が二つに分かれているツインテールマーメイドを落札した。しかし彼は、ツインテールマーメイドに「嘘」をついてしまい、彼女の舌により刺し殺される。彼女は、密猟業者との約束の人数を彼を最後に果たし、密猟業者に解放を懇願する。しかし密猟業者に彼女を解放する気は無く、彼女で更に一儲けしようと企む。そんな頃、王子に「原色戦隊カラーレンジャー」にされてしまった小学生5人の中の1人、清水が父の仕事の都合上、アメリカに転校する事になる。

バカ王子の結婚編
しばらく姿を見せていなかったバカ王子が突然、雪隆の部屋を訪れた。神妙な面持ちで、バカ王子は「人に追われているので、かくまって欲しい」と言う。話を聞いてみると、王子を追っているのは、王子の実弟にしてドグラ星の第2王子モハン=キ=エト・ドグラとバカ王子の許嫁ルナ=ミ=マド・マグラであると言う。彼らの目的は、バカ王子とルナの結婚。ドグラ星において王位継承権を持つ者は、満20歳までに王妃候補を選定して結婚の儀を執り行わないと王位継承権が次順の王子に移る。結婚したくないし面倒だから国王にもなりたくないバカ王子と、バカ王子を国王にしたくないクラフトらの利害が初めて一致し、協力して結婚阻止に乗り出す。

ハネムーン編
歳月は流れ、バカ王子と雪隆が出会って10年近くが経過した。王子とルナは結局結婚し、娘のカナも7歳になった。ドグラ星の新王朝がようやく軌道に乗ってきたため、王子とルナは遅めの新婚旅行に出かけた。しかし、運悪く革命商社クイーンツという武装テロ組織の一味に誘拐されてしまう。
(出典:Wikipedia
みんなの評価 平均:(5.0)点 総合点:(10)点 投票人数:(2)人
評価を投票
レベルE(1-3 全巻完結)のレビュー・感想

この漫画に関する口コミ(2)

超オススメ! :

レベルEは冨樫義博の中では一番好きな作品。
超性格がいがんでいる天才バカ王子の行動が笑える。
短いし、読んだことがない人は一度は読んでみてください!絶対損はしません。
ちなみに題名のレベルEのEは、執筆時に見て面白かったLEVEL4とエイリアンの頭文字E(エイリアンの正しいスペルはAlienなのだが、作者が勘違いしていた)からつけられている。

ああああ :

幽々白書で抑圧されていた冨樫パワーが全開といった感じの作品。
このマンガを見てドグラマグラを読んだ人が相当いるはず。(王子の出身星がドグラ星)

【 各巻ごとの価格比較 】
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。