漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

こちら亀有公園前派出所 (1-168 続巻 )

こちら亀有公園前派出所 (1-168 続巻 )の画像
作者 秋本 治
出版社 集英社
掲載雑誌 週刊少年ジャンプ
概要・あらすじ・管理人感想

警視庁新葛飾警察署の亀有公園前派出所に勤務する中年の警察官・両津勘吉(りょうつ かんきち)巡査長と、その同僚や周辺の人物が繰り広げるギャグ漫画。お年寄りから小さい子供まで、マニアックな人気を博している。略称の『こち亀』は『下町奮戦記』の巻末に作者が「これからはこち亀と略してください」とコメントしたことで公式な略称となった。

1976年(昭和51年)6月22日発売の集英社『週刊少年ジャンプ』29号に、月例ヤングジャンプ賞入選作品(4月期)の読み切りとして掲載され、同年9月21日発売の同誌42号から連載を開始。2006年に連載30周年を迎え、『週刊少年ジャンプ』誌上で「こち亀30周年企画」が行われ、2007年には連載通算1500回、2009年には連載1600回を突破した。30年以上における連載で一度も休載せず、「少年誌の最長連載記録」のギネス記録の保持、更新を継続。コミックスの発行部数は累計1億5000万部以上。

連載初期は職務怠慢で乱暴だった両津だが、連載を重ねる毎に作者の画力の変化で丸みを帯び、それと性格も人情的になった。連載が軌道に乗った中期以降も、緻密な取材とそれを活用する構成力、背景にまで細やかに気遣う丹念さ、実験的なアイディアを特徴とした。 亀有駅前に建立された両津像

ジャンプ黄金期と言われる1980年代において数多くのヒット作が連載される中、人気が最上位になることはないが、打ち切りが検討されることもなかった。徹底したアンケート至上主義で知られる同誌において、1980年代を唯一生き残った作品として高く評価された。1995年以後編集部の方針により看板作品として扱われるようになってから作風が変化した。2000年代半ばになると作風の変化を作品の中で自らネタにすることが見られるようになった。

メディアミックスも盛んで、1977年に初の実写映画化、1985年に「ジャンプ・スペシャルアニメ・大行進イベント」でアニメ映画化された。フジテレビではアニメ化のために約10年にも渡ってラブコールを続けてきた。1996年6月にテレビアニメ化され、高視聴率も獲得し、一定の成功を収めた。1997年では、プレイステーション、セガサターンにてテレビゲームが発売。1999年と2003年にはテレビアニメ版をもとにアニメ映画が作られている。2004年12月にレギュラー放送としては終了するも、不定期で特別番組が放送されている。

2009年8月1日よりSMAPの香取慎吾主演によりTBS土曜8時枠の連続ドラマで放送され、初の連続ドラマ化となった。

みんなの評価 平均:(3.0)点 総合点:(6)点 投票人数:(2)人
評価を投票
こちら亀有公園前派出所 (1-168 続巻 )のレビュー・感想

この漫画に関する口コミ(1)

りょうた :

読み返してみるとその時代にどのようなことがあったか分って面白い。
こどものころと読んで、すごく印象に残っていた話の落ちが実際と違ってたり、読み返すと新たな面白さが見つかるかも!?

【 各巻ごとの価格比較 】
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。