漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

BLEACH[ブリーチ] (1-43巻 続巻)

BLEACH[ブリーチ] (1-43巻 続巻)の画像
作者 久保 帯人
出版社 集英社
掲載雑誌 週刊少年ジャンプ
概要・あらすじ・管理人感想
本作は、ひょんな出来事から悪霊・虚(ホロウ)の退治者(死神)になってしまった高校生、黒崎一護とその仲間達の活躍を描いた漫画。初期の死神代行編はエブリデイ・マジック的要素もあったが、尸魂界編からはその要素は失せ、バトル中心のストーリーを展開する。ストーリーの設定や伏線は前もって考えているとジャンプフェスタ等で作者が公言していたが、実際はキャラクターを先に作り、漫画を描きながら考えている。
読者層は、男性から女性、少年など幅広く支持されている。
主な舞台は東京にある架空の町、空座町。本作の世界観は人間が住む現世と天国や死後の世界に位置する尸魂界(ソウル・ソサエティ)と地獄、本作における悪霊・虚達が住む虚圏(ウェコムンド)で構成されており、死神が魂魄の成仏や虚の退治を行い、世界の均衡を保つ調整者とされている。
タイトルの『BLEACH』は、「死神をイメージする黒の反対である白を連想させる言葉を選ぶことで、黒をより引き立たせる」という意味から付けられた。単行本の巻頭や作中に度々作者が作っている詩が使用されている(他からの引用もある)。
みんなの評価 平均:(0)点 総合点:(0)点 投票人数:(0)人
評価を投票
BLEACH[ブリーチ] (1-43巻 続巻)のレビュー・感想

この漫画に関する口コミ(2)

金にい :

最初のあたりははっきりいってあんまり面白くないのだが、とちゅうから俄然面白くなる!

といっても、ジャンプ特有の強敵が現れて修行して強くなっての繰り返しだが、ドンドン強くなって敵を倒していく爽快感はあります。

死神の隊長が持っている万解という必殺技がカッコいいです。

あああ :

私は最近の方がつまらない。
個人的には20巻あたりまでは必読ですが、最近30巻超えてくるといまいちで、最近はちょっと・・・

【 各巻ごとの価格比較 】
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。