漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

海猿(1-12 全巻 完結)

海猿(1-12 全巻 完結)の画像
作者 佐藤秀峰、小森陽一
出版社 小学館
掲載雑誌 週刊ヤングサンデー
概要・あらすじ・管理人感想
海難事故を中心とした海上保安官の活躍を描いた漫画。
漫画自体はフィクションだが、実際に起こった事件、事故を題材にして書かれたストーリーもある。
主人公は、海上保安官の潜水士となった仙崎大輔。
「人命救助」という過酷な職場に苦しみ、悩みながら、潜水士として成長していく。
題名である「海猿」は、漫画でつけた名称で、海上保安官の潜水士のことを特に海猿と言ってはいなかった。しかし、漫画およびドラマ、映画が人気になった後に、海上保安官の潜水士のことを海猿ということもある。
みんなの評価 平均:(0)点 総合点:(0)点 投票人数:(0)人
評価を投票
海猿(1-12 全巻 完結)のレビュー・感想
【 各巻ごとの価格比較 】
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。