漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

ハヤテのごとく! (1-22巻 続刊)

ハヤテのごとく!  (1-22巻 続刊)の画像
作者 畑 健二郎
出版社 小学館
掲載雑誌 週刊少年サンデー
概要・あらすじ・管理人感想
花より男子の逆バージョンといえば分かり易いのではないだろうか。 主人公の『綾崎ハヤテ』は普通の高校1年生であったが、2004年のクリスマスイブ、両親が莫大な借金(1億5000万以上)を残して失踪してしまった。
そしてその弁済のためハヤテを借金取りに売り飛ばしていた。
ハヤテは彼を「引き取り」に来たヤクザから逃げ出すものの、お金も行く当てもないハヤトは少女を偶然見つけ、ハヤテは1億5000万円の身代金を要求する誘拐を考え付く。
しかし、ハヤテが少女に対して誘拐犯の科白として言ったセリフを少女が愛の告白と勘違いし、少女はハヤテに惚れてしまう。
ラッキーなことにその少女は、大富豪の三千院家令嬢、『三千院ナギ』であった。
三千院ナギは、ヤクザに1億5000万の借金キャッシュでしはらい、行く当てのないハヤテを三千院家の執事とした。
ナギはハヤテと自分が相思相愛だと思っているが、ハヤテは幼いナギに対し恋愛感情はない。そしてハヤテの周りには、ナギのメイド・マリア、ハヤテに片想いしている普通の少女・西沢歩と生徒会長・桂ヒナギク、かつてハヤテと永遠を誓った謎の少女・天王州アテネ、など多くの女性との恋愛のごたごたや三千院の遺産争いにも巻き込まれていくことになる。
みんなの評価 平均:(4.5)点 総合点:(9)点 投票人数:(2)人
評価を投票
ハヤテのごとく! (1-22巻 続刊)のレビュー・感想
【 各巻ごとの価格比較 】
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。