漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

カバチタレ(1~20 全巻 完結)

カバチタレ(1~20 全巻 完結)の画像
作者 青木雄二監修、田島隆原作、東風孝広作画
出版社 講談社
掲載雑誌 モーニング
概要・あらすじ・管理人感想
行政書士事務所を舞台にして、法を駆使する法テクで社会的弱者を守っていくという物語である。 同じく田島隆原作、東風孝広作画によりイブニングで連載している事件屋をテーマにした作品『極悪がんぼ』とは世界観が共通しており、『極悪がんぼ』の主人公である神崎守と本作の主人公である田村が鉢合わせする場面がある他、『極悪がんぼ』において大野事務所と神崎の対決があった。また、監修者である青木雄二の作品『ナニワ金融道』に登場する帝国金融の広島支店の看板も登場しており、同一の世界観にあることが示唆されている。

タイトルについては、主人公の田村が行政書士試験に合格するまでは『カバチタレ!』、試験に合格して資格を取ってからは『特上カバチ!! -カバチタレ! 2-』と変更されている。このタイトルに入っている「カバチ」とは広島弁で屁理屈を意味し、これを"垂れる"事から「屁理屈屋」の意である。また、本作品は台湾や韓国といった海外でも出版されているが、台湾での本作品のタイトルは「代書萬萬歳!」である。

作中の行政書士の活動が弁護士法第72条に違反する非弁活動という指摘が作中でもあったが、事件性必要説に立つと非弁行為とはならないと解されている。 (出典:Wikipedia
みんなの評価 平均:(0)点 総合点:(0)点 投票人数:(0)人
評価を投票
カバチタレ(1~20 全巻 完結)のレビュー・感想
【 各巻ごとの価格比較 】
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。