漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

蒼天航路(1-36 全巻 完結)

蒼天航路(1-36 全巻 完結)の画像
作者 王欣太, 李 学仁
出版社 講談社
掲載雑誌 モーニング
概要・あらすじ・管理人感想
舞台は中国後漢末期から三国時代。日本でよく知られる『三国志演義(演義)』ではなく、『三国志(正史)』を基に主に脚色されている。作品中ではしばしば、正史に記されている記述を交えながら描写する。ただし、完全に正史に則っているわけではなく、演義からの脚色もなされている。

 悪党と言われてきたものは、本当に悪党なのだろうか。
 善玉と言われてきたものは、本当に善玉なのだろうか。

というモノローグから、『三国志演義』では悪役であった曹操に「最も人に興味を示した英雄」としてスポットライトを当てる。屯田制の採用や政治・文学における儒教からの分離等の政策からパイオニア的精神を中心に据えた曹操像を導き出し、劉備・諸葛亮との対立を(ある種の儒教的精神により美化されて来たイメージと定義した上で)その延長線上に置く。
ストーリーは既成概念や旧体制からの脱却、空虚な観念論より実利の追求という曹操の行動原理を軸にして展開する。官渡の戦いでは最大の領袖である袁紹を没落した漢帝国の利権に群がる「変革を求めぬ者」と断じる。華佗との対立や荀彧とのすれ違いも、徹底した現実主義・実利主義者である曹操と「儒」の価値観に縛られるものの摩擦という観点で描かれている。また、儒教社会に対する当時の消極的なアンチテーゼでもあった隠者を取り上げ、彼らの思想性を曹操の生き方と重ね合わせるエピソードは、リアリストの法家である曹操が、その実老荘の思想を色濃く反映していることを示唆した味わい深いものとなった。
(出典:Wikipedia
みんなの評価 平均:(4.0)点 総合点:(4)点 投票人数:(1)人
評価を投票
関連商品
蒼天航路(1-36 全巻 完結)のレビュー・感想

この漫画に関する口コミ(1)

漫画好き :

曹操を主人公にした珍しい漫画
この漫画を読むと曹操が好きになること請け合い

【 各巻ごとの価格比較 】
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。