漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

テガミバチ(1-9 続巻)

テガミバチ(1-9 続巻)の画像
作者 浅田 弘幸
出版社 集英社
掲載雑誌 ジャンプスクエア
概要・あらすじ・管理人感想
夜が明けることのない星に、「アンバーグラウンド(AG)」という名の地がある。首都を照らす人工太陽の光が届かない、暗く危険な地域を旅する国家公務があった。
彼らの仕事はその地で生きる人々の「こころ」が込められた「テガミ」を届けること。命を賭して「こころ」を届ける彼らを人々は「テガミバチ」と呼んだ。
アンバーグラウンドには、様々な怪物が生息しており、「テガミバチ」になるためには、厳しい国家試験に受け合格する必要がある。
主人公であるラグ・シーイングは、7歳のときに「テガミバチ」ゴーシュに「テガミ」としてキャンベル・リートゥスに住むサブリナ・メリー宛てに届けられた。
ラグはテガミバチになることを目指し、5年後の12歳の時に採用試験を受け合格してテガミバチとなった。
みんなの評価 平均:(3.0)点 総合点:(3)点 投票人数:(1)人
評価を投票
テガミバチ(1-9 続巻)のレビュー・感想
【 各巻ごとの価格比較 】
テガミバチ(1-9 続巻) 関連ニュース [powerd by Google News]
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。