漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

とある科学の超電磁砲―とある魔術の禁書目録外伝 (1-4巻 続巻)

とある科学の超電磁砲―とある魔術の禁書目録外伝 (1-4巻 続巻)の画像
作者 鎌池 和馬, 冬川 基
出版社 アスキー・メディアワークス
掲載雑誌 月刊コミック電撃大王
概要・あらすじ・管理人感想
超能力が科学的に解明されつつある世界の物語。
学園都市と呼ばれる総人口230万人のうち8割が学生という都市では、学生全員を対象にした超能力開発実験が行われている。
全ての学生はレベル0(無能力者)からレベル5(超能力者)の6段階に分けられ、勉学と超能力の開発にいそしんでいる。
主人公である御坂美琴は学園で7人しか居ないレベル5能力者の一人であり、電撃を操るその能力から「超電磁砲(レールガン)」と言われている。
美琴の日常の学園生活を描くと共に、学園都市では裏で秘密裏に非人道的な実験も数々行われており、意図しないうちに美琴も関わっていたことが、徐々に明らかになっていく。
みんなの評価 平均:(5.0)点 総合点:(5)点 投票人数:(1)人
評価を投票
とある科学の超電磁砲―とある魔術の禁書目録外伝 (1-4巻 続巻)のレビュー・感想

この漫画に関する口コミ(1)

こっちの方が好きかな :

とある魔術の禁書目録の外伝ですが、私はこちらの方が好きです。
小説・漫画も良いですが、アニメもなかなか面白いのでオススメです。

【 各巻ごとの価格比較 】
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。