漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

PLUTO[プルート](1-8 全巻 完結)

PLUTO[プルート](1-8 全巻 完結) の画像
作者 浦沢直樹,手塚治虫
出版社 小学館
掲載雑誌 ビッグコミックオリジナル
概要・あらすじ・管理人感想
【PLUTO[プルート] 概要】

原作は手塚治虫の『鉄腕アトム』に含まれる「地上最大のロボット」の回。監修・手塚眞、プロデューサー・長崎尚志、協力手塚プロダクション。

作者の浦沢直樹が生まれて初めて漫画で感動した作品が、手塚治虫の『鉄腕アトム』のエピソードのひとつである「地上最大のロボット」であった。熱烈な手塚ファンである浦沢はこのリメイクを切望。2002年冬、手塚治虫の息子である手塚眞にその許諾を求める。手塚は一度はこれを断るものの、その後の浦沢の熱心なラブコールに心を動かされ、2003年3月28日に「地上最大のロボット」のリメイクを了承。同年9月よりビッグコミックオリジナルにて連載がスタートした。

リメイクを了承した席で手塚は浦沢に、単なるオマージュ作品ではなく浦沢作品として本作を描くことを要望した。このため、アトムをはじめとするキャラクターデザインやストーリー設定の一部には浦沢流のアレンジが加えられている。手塚治虫の原作ではアトムが主人公ではあるが、浦沢直樹版では原作で脇役として登場したドイツの刑事ロボット「ゲジヒト」の視点から物語が描かれている。また、原作『鉄腕アトム』の他の回で登場したキャラクターや、鉄腕アトム以外の手塚作品で登場したキャラクターと同一と思わせるキャラクターが登場したり、ゲジヒトとアトムが立ち寄った喫茶店の名前が「TOKIWA」となっているなど、手塚ファンの為のサービスらしき場面が随所にある。

本作には「ロボットの人権」というテーマが含まれており、作中ではロボットも人間と同じ数え方をするなど、ロボットを人間とほぼ同等の「生物」として扱う表現をしている(それによる差別も描写されているが)。そのため、本稿もそれに準じることとする。

作中の設定は連載開始当時ニュースをにぎわせていたイラク戦争を反映したものとなっている。これは浦沢が「地上最大のロボット」でのプルートゥの黒幕サルタンが「国を追われた中東(と思われる)某国の王」という設定であることをヒントに、現代の中東情勢を下敷きとしたものである。

第9回手塚治虫文化賞マンガ大賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。

宝島社の「このマンガがすごい!」2006年版オトコ編の1位、フリースタイルの「このマンガを読め!2005」の1位作品。

PLUTO[プルート] あらすじ
人間とロボットが共生するようになった時代。スイス最強のロボット、モンブランが殺された。同じ頃、ドイツのロボット法擁護団体の幹部が殺害された。

二人の遺体の頭部には"角"の様な物がほどこされていることからユーロポールが誇る高性能刑事ロボット、ゲジヒトは同一人物による犯行と考え捜査を進める。ゲジヒトは犯人の標的が自分を含めた7体の、大量破壊兵器になりうるロボットたちだと考えるが...。

(出典:Wikipedia
みんなの評価 平均:(5.0)点 総合点:(10)点 投票人数:(2)人
評価を投票
PLUTO[プルート](1-8 全巻 完結) のレビュー・感想
【 各巻ごとの価格比較 】
PLUTO[プルート](1-8 全巻 完結) 関連サイト
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。