漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

Masterキートン[マスターキートン](1-18巻 全巻完結)

Masterキートン[マスターキートン](1-18巻 全巻完結)の画像
作者 勝鹿 北星、浦沢 直樹
出版社 小学館
掲載雑誌 ビックコミックスピリッツ
概要・あらすじ・管理人感想
ロイズの保険調査員(オプつまり探偵)である平賀・キートン・太一は、オックスフォード大学を卒業した考古学者であると同時に、元SASのサバイバル教官でもある。フォークランド紛争や在英イラン大使館人質事件では隊員として活躍したとされる。
父は日本人(父・太平は動物学者)、母はイギリス人。オックスフォード大学時代に日本人女性と学生結婚し、一女をもうけたが、離婚。別れた妻は、数学者として大学教員を勤めている。本人は考古学の道を進みたいと思っているが、職もままならない。発掘費用のために調査員を続けるが、過去の経歴からいろいろな依頼が舞い込み、数々の危険な目にも遭ってしまう。
冷戦終結前後の社会情勢、考古学、そして太一をめぐる人々のドラマを描いた作品。
(出典:Wikipedia)
みんなの評価 平均:(5.0)点 総合点:(10)点 投票人数:(2)人
評価を投票
Masterキートン[マスターキートン](1-18巻 全巻完結)のレビュー・感想

この漫画に関する口コミ(1)

りょうた :

砂漠にスーツが適しているなど本当!?って思えることも少々ありますが、TIPS的な要素が多くあり勉強になります。ギャラリーフェイクなんかが好きな人はいいかも。

【 各巻ごとの価格比較 】
Masterキートン[マスターキートン](1-18巻 全巻完結) 関連サイト
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。