漫画・コミックの激安通販『赤マル全巻漫画』

漫画名や巻数を入力して探す:
  モール一括横断検索

蟲師(1-10巻 全巻 完結)

蟲師(1-10巻 全巻 完結)の画像
作者 漆原友紀
出版社 講談社
掲載雑誌 アフタヌーンシーズン増刊、月刊アフタヌーン
概要・あらすじ・管理人感想

「蟲師」である主人公ギンコが「蟲」により引き起こされる様々な謎を解き明かしていく物語であり、基本的に1話完結で物語が構成されている。

本作のタイトルにも入っている「蟲」(むし)は作者の創作であり、我々が一般的に知っているいわゆる「昆虫」などの小動物の総称としての「虫」とは異なる。「蟲」とは、現実世界の概念では精霊や幽霊や妖怪などにあたるもので、作者はいろいろな怪異を、普通の人には見えないさまざまな「蟲」の生命の営みから起こる現象と捉え、霊能力者を「蟲師」(むしし)という「蟲」専門の医者かつ研究者、退治者とすることで、これまでに存在した怪談や霊現象を取り扱った物語とは異なる新たなストーリーを創り出している(但し作中世界においても幽霊等の概念は存在する)。

時代設定については、作者自身特に設定はされていないそうだが、イメージは「鎖国を続けた日本」、もしくは「江戸期と明治期の間にある架空の時代」といった所との事。ゆえに作中においては、登場人物は主人公を除いてほとんどと言っても良いほど多くが和装をしており、登場する風景も日本の原風景を思い起こさせるようなノスタルジックなものとなっている。

物語の語り方として、必ず人物の回想を用いる点が特徴的である。しばしば、回想の中の人物がさらに回想を始めるといった二重の回想まで行われている。その為、ギンコが行動する時間や行動範囲に収まらず、伝聞による時間・世界も描かれている。

(出典:Wikipedia
みんなの評価 平均:(0)点 総合点:(0)点 投票人数:(0)人
評価を投票
蟲師(1-10巻 全巻 完結)のレビュー・感想
【 各巻ごとの価格比較 】
蟲師(1-10巻 全巻 完結) 関連ニュース [powerd by Google News]
蟲師(1-10巻 全巻 完結) 関連サイト
【 こちらの商品も要チェック! 】
赤マル漫画情報トップ 運営者情報

※ 本サイトにはウィニー(Winny)やシェア(Share)やトレント(torrent)といったファイルの無料ダウンロードに関する情報はありません。